『食品ロス』とは

本来食べられるのに捨てられている食品のことです

なぜ、食品ロスが問題になっているの?

大量の食品が無駄に廃棄され、環境への悪影響も考えられるからです。

国内食品ロス発生量

食品ロス量 612万トン(2017年度国推計)

【内訳】

○ 家庭系食品ロス 284万トン
○ 事業系食品ロス 328万トン

食糧援助量の 約1.6倍もの 食品ロスが 国内で発生

世界食糧需給状況

国連世界食糧計画(WFP)による食糧援助量 約390万トン

※国連世界食糧計画(WorldFoodProgramme:WFP)2019年実績

そのほかの問題

食料生産により多量のエネルギーを消費
水分の多い食品は、運搬や焼却で余分な二酸化炭素を排出 など

栃木県での食品ロス削減のための
取組状況について

全体の結果では、「知っている取組がない」と答えたのは1.1%、
「取り組んでいることはない」と答えたのは1.2%でした。
一方、18~29歳女性の結果では、「知っている取組がない」が3.2%、
「取り組んでいることはない」が4.8%となっていて、
取組への関心がやや薄い状況がうかがえます。

知っている食品ロス削減のための
取組はありますか?

知っている食品ロス削減のための取組

食品ロス削減のために行っている
取組はありますか?

食品ロス削減のための取組

2020年度県政世論調査結果【速報値】

食品ロスを減らすためにできることは?

できることからはじめよう!!!

とちまる

栃木県では
栃木県のキャラクターチーム

「とちキャラーズの3きり運動」

を展開しています。

料理はおいしく。「食べきり!」

食材はムダなく。「使いきり!」

生ゴミはギュっと。「水きり!」